学習サポート制度
 
 学習サポート制度は、基幹教育を履修している学生の皆さんに、基幹教育の授業科目の学習支援、学習相談を行うと同時に、大学生としての主体的な学習態度の涵養を図るために、大学院生の先輩がサポーターとしてアドバイスを行う制度です。
 
 具体的には、授業で理解が不十分だった箇所の解説やレポートの書き方などの他に、進路に関する相談も受け付けています。その他、就職活動の体験談などを聞くこともできます。
 
 学部低年次生(特に新入学生)の皆さんから見ると、大学院生のサポーターは少し大人で緊張してしまうと思うかもしれませんが、彼らは皆優しく丁寧に対応してくれます。学習面で気になることがあれば、気軽にサポート室を訪ねてください。


〇学習サポート室での質問相談対応
 期間: 5月~2月 (授業が行われる平日の4限と5限)
 場所: 伊都地区センター2号館 2102講義室(学習サポート室)
 対応できる科目等: 基幹教育科目(文系レポート,微分積分学,線形代数,基幹物理学,
                  図形科学,有機・無機化学,学術英語,中国語など)
           学習サポーターによっては専攻教育科目(工学部専攻教育科目など)